乳首の黒ずみの原因は?

MENU

そもそも、なぜ乳首は黒ずむの?黒ずみの原因は?

乳首の黒ずみが気になる・・・・

 

洋服を着ていれば誰にも分らない悩みだけど、人に見られたら恥ずかしい・・

彼氏に気づかれたらどうしよう・・・・

 

なんて悩んでいる人、結構多いようですね。男性の大半は黒い乳首に対して「遊びなれてる」というイメージを持っているようです。

 

 

男性経験が多いから乳首が黒くなるというのはまったくの嘘!医学的根拠はまったくありません!!それでもやっぱり乳首の黒ずみは解消したいものですよね。では、そもそも乳首の黒ずみは起こるのでしょう。

 

乳首が黒ずむのは顔のシミと同じ原理だった!

乳首も顔と同じ皮膚の一部。黒ずみが起こる原理は、顔のシミができる原理と同じなんです。つまり色素沈着が一番大きな要因なのです。

年齢によるもの

肌は表皮細胞が基底層のところで新しく生まれ、約28日かけて角化し、角質細胞になり、最後は垢としてはがれていきます。このサイクルをターンオーバーと呼びます。ターンオーバーにより、表皮細胞は絶えず入れ替わっています。傷が跡に残らずに治るのはこのターンオーバーによるものです。ターンオーバーは年齢とともにサイクルが長くなり、40代になると約40日ほどかかるようになります。なので、年齢を重ねると、ターンオーバーが遅くなることで古い角質細胞と一緒にメラニン色素が残りやすくなり、肌が黒ずんできてしまうとうわけです。

ホルモンバランスの乱れ

女性は妊娠すると、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが増えます。これらの女性ホルモンは、メラニン色素であるメラノサイトという色素細胞を刺激する作用があるため、メラニン色素が増えて色素沈着が起こりやすくなります。妊娠してから、顔のシミやデリケートゾーン、ワキ、乳首などの黒ずみに悩む女性が増えるのも、このホルモンバランスの崩れにによるものです。

乾燥・水分不足

乾燥はターンオーバーのサイクルを遅らせる原因になってしまいます。ターンオーバーを促進して古い角質細胞を剥がすには保湿が重要です。

ブラジャーによる摩擦

ブラジャーやインナーとの摩擦により、真皮層の内部にまでメラニン色素が浸透してしまい、黒ずみの原因となります。

 

以上のことから分かるように、乳首の黒ずみはメラニン色素が一番の要因です。そのメラニン色素を排出してくれるのがターンオーバー。年齢や乾燥により遅れがちになるターンオーバーのサイクルを促進すれば、肌のシミ同様、乳首の黒ずみも改善されるのです。

ホスピピュア